BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. クリエイティブな仕事がしたい人必見!あのSNSで採用された話【ucca’s blog】

クリエイティブな仕事がしたい人必見!あのSNSで採用された話【ucca’s blog】

こんにちは!ヒトユミスタッフの ucca です。

今回は、デザイン未経験でアラフォー主婦の私 ucca が、WEBデザインの会社(ヒトユミ)に、どうやって採用されたのかをお伝えしたいと思います。

作品なんて無い!

Indeedでヒトユミに出会ったところまでは、前回のブログに。

さて、応募書類の準備。
転職を考えていた時期が何度かあったので
履歴書と職務経歴書はすぐ用意できました。

問題は、
<デザインの作品1、2点お送りください>の文字。

作品なんて一つも無いんですけど!
慌てて何か作ったとしても、プロにはばれてしまうだろうし
どうしよう。

実は憧れていました。

小さいころから絵が好きでした。きっかけは絵の上手な祖父でした。いつも部屋に描きかけの絵がおいてあって、それが本当に素敵で、私も絵を描くようになっていました。小学生の時に絵画教室に通い、いつしか芸大を夢見るように。ある日、母にそのことを相談したら反対されてしまって。
友だちの父親が陶芸家だったんです。陶芸が好きでやっていると思っていたのですが、絵が売れないからで。芸術の道に進んでも、生活していくのは難しいよ、と母から説得されました。その話がとてもリアルだったんです。すごく納得して、芸大への道を諦めました。

画像を拡大表示
10歳のときでした
(写真はイメージです)

「絵は、老後の趣味にするね」と言ったら母が安心したので、
それ以来、趣味で絵を描くことはありませんでした。

でも、やっぱり絵が好きで。

美術部に入りたかったのですが、なぜか小中高は美術部が無かったんです。高校の授業で、美術を選択し、油絵を描いたのですが、もう楽しすぎて。
時間が許されればずっと描いていたかったです。

なのに「老後は、スケッチ旅行をするんだ」と言って、頑なに趣味で描こうとしなくて(笑) 大学は、教育学部だったので美術科の子たちに紛れて、美術史の授業を受けたり。絵を見るのが好きなので、美術館もよく行きました。美術史の授業で感銘を受けたベラスケスを見にスペインに行ったり、大好きなシャガールの世界観に触れたくてひとりでニースに行ったり。

私の人生それでいいや、って思ってたんです。思ってたんですけど、
「オデッサの階段」に出会ってしまって。

オデッサの階段』(オデッサのかいだん)2012-2013に放送
毎回、1人のクリエーターを取り上げ、いくつかの視点から人物を掘り下げてゆく、人物密着ではないスタイルのドキュメンタリー番組

Wikipedia

SEの仕事を、やめたくてしょうがなかった頃でした。
たまたまこの番組の第一回目を見たら、涙が止まらなかったんです。
私やっぱりこっちがやりたいんだなって、やっと気が付いて。
「いつか絶対クリエイティブな仕事するぞ」って、心に誓いました。

高すぎる「未経験の壁」

しかし、クリエイティブ系のお仕事って、
未経験での募集がほとんどない。
試しに、履歴書を送ったことは何度かあるのですが、
いくらやる気をアピールしても、そこから話が進むことがまずない。

続きはヒトユミnoteで♡

https://note.com/hitoyuminote/n/nc41d219eb252

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事